初めての方へ

まずは専門医に相談を。

聴力の低下が気になったり、不安や疑問に思うことがあったりした場合は、まず、耳鼻咽喉科の専門医に相談し、検査等を受けて、専門家の判断を仰ぐことをおすすめします。
その結果補聴器の装用をすすめられ、聴力低下や難聴を解決するための方法として補聴器を検討しようと思ったら、次は、実際に補聴器を使うことを考えてみましょう。

難聴の症状

聞こえに問題があると感じたら、まずは以下の項目をチェックしてみましょう。

・テレビやラジオの音が大きすぎるといつも言われる

・玄関のチャイムや電話の呼び出し音が聞こえず、応対できなかったことがある

・人が多い場所や騒がしい場所では会話についていくのが大変だ

・会話中に相手が口ごもり、はっきり話していないように見える

・話し声が大きすぎると言われる

・何度も聞き返すことが多い

・聞こえに問題があるのではと家族や友人から言われたことがある

・ラジオから流れてくる歌の歌詞を理解できないことがある


いずれかの項目に当てはまる場合、何らかの難聴が発生している可能性があります。

難聴の種類

伝音性難聴
外耳から中耳にかけての伝音器の障害が原因でおこる難聴です。中耳炎や鼓膜の損傷などから起こる難聴が伝音性難聴です。医学的な治療が可能とされています。

感音性難聴
内耳や聴神経といった感音器の障害が原因の難聴です。加齢による聴力の低下や、長時間騒音にさらされていたことで起こる難聴などがこれにあたります。一般的に医学的な治療による聴力の改善は困難だとされています。しかし、程度に個人差はありますが、補聴器を装用することで聞こえを改善することが可能です。

混合性難聴
伝音性と感音性の両方の症状がみられる難聴です。