【富士店】BALL WATCH Engineer III Bronze Star(エンジニアIII ブロンズスター)入荷しました②(釣行報告付き)

2017.06.10

昨年発売になり話題となったカーボン素材をケースに採用した「ボルケーノ」に続いて、ブロンズをケースに採用した「ブロンズスター」が入荷しました。①では技術的な面を主にご案内したので、②では単純に外観のコトを紹介したいと思います。

P1120772 (1500x1126) (450x338)

Engineer III Bronze Star(エンジニアIII ブロンズスター)

Ref. : NM2186C-L1J-BK(自動巻き)

ケース径 : 43.00mm(厚み:13.45mm)
ケース素材 : アルミニウムブロンズ
防水性 : 100m
世界限定3,000本
価格:230,000円(税抜)

P1120737 (1500x1126) (450x338)

何はともあれ、削り出しのような風合いを残したブロンズケースにマットブラックの文字盤がカッコイイモデルです。

P1120749 (1500x1126) (450x338)

ちょっと荒めにつけたヘアライン加工ですが、ケースとラグとではヘアラインの角度が異なっています。

RIMG0001 (500x375)

6時位置のエンブレムもアビエーターウォッチとしてのカッコよさを引き立てています。

このエンブレムはアメリカ海軍 航空隊アビエーター章で、

多分映画トップガンでパイロットが着ていたジャケットの左胸にあった物と同じだと思います。

(多分・・・ですm(__)m)。

P1120791 (1500x1126) (450x338)

ブロンズカラーの窒化チタン製の裏蓋には飛行機のレリーフが施されていますが、

残念ながら機種を特定することは出来ませんでした。

銅(Cu)80~90%にアルミニウム(Al)、鉄(Fe)、ニッケル(Ni)、マンガン(Mn)を

加え作られるアルミニウムブロンズ、

一体どのような個性的な経年劣化(色の変化)をしていくのでしょうか?

 


週 刊 釣 行 報 告

20170608_122331 (450x253)

 

梅雨入り発表の当日にあたった先日の定休日も、新調してしまったクーラーボックスを持って意気揚々と釣行してきました。乗っ込みから約1か月たち「釣れるッ!」という時期が過ぎてしまったようで、堤防端の混雑が少しおさまったようです。私はいつもの場所に釣座を構えました。・・・が、餌取りは沢山いるものの針掛かりするような本命は相変わらず厳しいようです。久し振りに浮きが沈んだので巻き上げてみると20㎝に満たないハタ系の魚でした。餌取りばかりでちょっと飽きてしまったので気分転換しようと、堤防周辺ををウロチョロすることにしました。

 

 

 

ちょうど、横でアオリイカが乗ったようだったので見物させてもらい、自分で上げたかのような写真も撮らせてもらいました。

20170607_073020 (450x253)

プードルを連れているいつものご夫婦もいらっしゃったのでちょっと遊ばせてもらいました。

20170607_073448 (253x450)

道路に出て、缶コーヒーを買っている時ふと思いました。

この堤防に通って約10年経ちますが、道路の向こう側に渡ったことがないというコトに。

…渡ってみると今度は路地が気になり入って行ってみることにしました。

車は絶対に入れない路地です。なかなか趣があります。

20170608_122255 (450x253)

趣があるのはいい事なのですが、結構急な坂道!

そして登りきったところから海側を見た景色が下の2枚です。

そして山側にはミカン畑が広がっていました。

20170608_122147 (450x253)

20170608_122100 (450x253)

こんな感じで約15分「ブラKリハラ」をしました。

20170607_090016 (450x253)

帰りがけ、釣り上げたヒラメを見事に捌いていたので、5~6人で取り囲んで見学!捌いている人はプードルのパパさん。

板前さんだそうです!包丁は良くお会いする寿司職人さんの物でした。

一体何しに行ったのでしょうか?まあ、たまには?良いでしょうヽ(^o^)丿

店舗案内STORE LIST