【富士店】BALL WATCH “STORMCHASER Pro MOP(ストームチェイサー)”限定品!(週刊釣行報告付き)

2017.09.21

ストームチェエイサーProMOP (650x373)

嵐が過ぎ去った後の爽やかな空をモチーフにした日本限定モデル

ストークマン ストームチェイサープロMOP

 CM3090C-S2J-BE ¥276,000+税

【限定数100本】

テレメーター付きクロノグラフで人気の「ストークマンストームチェイサープロ」より、日本限定デザインとなるMOP(Mother of Pearl)ダイアルモデル入荷しました。限定本数はたったの100本です!

日本ではあまり馴染みのない「ストームチェイサー」という職業、カッコよく「竜巻を追う者」とでも訳したらいいでしょうか。

ボールウォッチの生まれた故郷アメリカでは、嵐が起こる度に彼らの後ろで道路が混雑してしまうほど存在すると言います。ストームチェイサー達の目的は、学術的なデータ収集や、衝撃的な映像を撮るなどさまざまです。

RIMG0003 (650x488) (500x375)

★ムーブメント:自動巻き  ★機能: 針・文字盤に15個の自発光マイクロ・ガスライト(*2)、 クロノグラフ機能(60秒、30分、12時間積算計)、 テレメータースケール ★耐衝撃性: 5,000Gs ★防水性: 100m防水 ケース: 直径42mm, 厚さ15.65mm、アルミニウムベゼル、反射防止処理済みサファイアガラス、シースルーバック、ねじ込み式リューズ ★ダイアル: マザーオブパール

RIMG0002 (650x488) (500x375)

(*1)光と音のスピードの差を利用して対象物までの距離が計測できる機能です。

〈たとえば、稲妻が光ったと同時にクロノグラフをスタート(2時位置オレンジのボタン)させ、雷が鳴った時にストップ(同じボタン)します。その時、クロノグラフ秒針が示しているベゼルスケール(文字盤外周のリング))に示した数値が、雷までのおよその距離になります。(クロノグラフリセットは4時位置のボタン)〉

RIMG0001 (400x300)

(*2)ボールウォッチの文字盤や針に取り付けられた小さなガラス管(カプセル)を指します。(画像はNECC)

このガラス管の内側に蛍光塗料を塗布し、トリチウムガスを密封することで互いに作用し発光します。現在時計に使用されているほとんどの夜光塗料である「スーパールミノバ」は、蓄光タイプです。蓄光塗料は時間の経過とともに必ず光度が徐々に落ちていきます。しかし「マイクロガスライト」は蓄光を必要とせず、昼夜を問わず自発光により光り続けます。(店頭では、どのように光るかを実際ご覧いただけます)

 


 

週 刊 釣 行 報 告

先日の定休日も決まりごとの如く釣行してきました。シーラシーズンが終わり、学生の夏休みが終わり…ようやく躊躇してしまうほどの混雑はなくなりました。これぐらい余裕を持って釣座を構えられると↓、潮の流れや風を気にせずゆっくり釣りを楽しむことができます。

 

20170920_073138 (650x366)

海水温はまだ高そうですが、少しずつ海の中も秋になってくることでしょう。私は年間を通して浮き下を深くとり、底付近にいる大物を一か八か狙います。富士店のお客様Nクイ様のアドバイスにより、さらに遠くへの遠投が出来るようになったので、前々回位からさらに深いところを狙っていました。

・・・投げた後、写真を撮ろうとスマホを構えると、液晶画面に写っているはずの浮きが有りません。肉眼で見ても見当たりません。釣りに集中せず余計なことをしている間に沈んだようです。ラッキーと思い竿を手に取り、改めて浮きが浮いていないことを確認して大きく煽りました。するとビックリするほどの手ごたえが伝わってきました。力を入れて巻き上げを試みたもののビクともしません。巻き上げも出来なければ、引きもしません。

お分かりですね。釣ったのは地球!浮き下を深くとりすぎたため根掛かりしただけでした(-.-)

力ずくで根掛かりを外し、針を付け替え、浮き下を調節して改めて投げました。重り付きのコマセカゴが沈み、浮きが安定したところで竿を煽ります。ところが煽った後、浮きが上がってきません。今度は本物の魚のようです。しっかり針掛かりさせるため再び竿を煽って巻いてみると魚の感覚が伝わってきました。

釣れたのはソウダガツオ(マルソウダ)!お目当てではないのでリリース。ヒラソウダだったら富士店スタッフIナバさんに上げる約束になっていたのですが残念です。

20170920_063138 (650x366)

そろそろ初秋の回遊魚たちが回ってくることを期待して来週も釣行します。

店舗案内STORE LIST