【富士店】CITIZEN ATTESA(F900)「30th Anniversary」 & 「LIGHT in BLACK」限定品比較 (週刊釣行報告付き)

2017.06.02

F900表紙 (550x345)

紹介する2機種ともエコ・ドライブGPS衛星電波時計用ムーブメントF900を搭載しています。このムーブメント搭載モデルの最大の特徴はGPS衛星電波を、時刻情報のみの受信では“最短3秒”で受信する性能を持っているというコト!また針の動きも驚くほど早いので、機能を使用する際のストレスを全く感じることはありません。更にデュアルタイム表示やダイレクトチェンジ、クロノグラフなど最上位モデルとしての充実した機能は心をくすぐります。

そして2017 年6月、このモデルの限定品2つが店頭に揃います。1つは、ブランド誕生30 周年を記念しての数量限定モデル!もう1つは、「LIGHT in BLACK 2017」限定品です。

F900比較 (550x412)

【画像右】30周年記念モデルの文字板は宇宙を連想させるブルーをベースにラメを施し、宇宙空間のような無限の空間に広がる星の煌めきを表現しています。スーパーチタニウムを用いたケース、バンドには素材自体を硬化させる技術 デュラテクトMRKとデュラテクトDLCの異なった硬化技術を複合的に施すことで、硬さに加えて文字板への光の軌跡が表現されデザイン性を高めています。

【画像左】そして、今回の発売で第三弾となるLIGHT in BLACK 2017 AMBER EDITIONは、舞台上で演奏するミュージシャンを引き立てる「ステージ・ライト」をテーマとしています。アンバー(ブラックブラウン)、ピンクゴールドのコンビネーションが特長で、ラグジュアリーな印象に仕上げられています。このモデルは、機能も顔も異なる個性あふれる6モデルの中の1つで、「エコ・ドライブ搭載」を軸に「光」と「時」を「漆黒の空間から生まれる希望の光」になぞらえ、「LIGHT in BLACK」をコンセプトとしたスペシャルバージョンとしての数量限定品です。

『LIGHT in BLACK』2017 AMBER EDITION F900は、6月10日「時の記念日」に発売予定です(予約承ります!)。

価格だけを見ると3万円の差はあるものの、違いは外観のみ!カッコよさの中に爽やかさを感じさせる30周年記念モデル、大人っぽさを全面に醸し出しているLIGHT in BLACK!どちらを選びますか?

・・・ついでに、先日いち早く紹介済みですが、6月9日にはGPS衛星電波受信+世界6局電波受信+Bluetoothの世界電波モジュール「Connected エンジン 3-way」を搭載した新世代オシアナスの限定品も発売されます。

新世代 (550x315)

OCW-G2000C-1AJF
¥250,000+税
世界限定1500本

どちらを選びますか?・・・ではなく、どれにしますか?

 


 

週 刊 釣 行 報 告

 

20170530_063000 (350x197)

先日の水曜も好天に恵まれ釣行することが出来ました。呑気に竿越しの富士山の写真を撮ったりしていたのですが、堤防は相変わらず混雑していました。私が来る直前、ルアーが届くか届かないかのギリギリの距離で、ワラサか何かが回遊してきたようで、ナブラ(逃げる小魚が海面でバシャバッシャと大騒ぎする様)がたち、ルアーの人たちが大騒ぎになったようです。残念ながら、皆ルアーチェンジが間に合わずにせっかくの機会を逃してしまったとの事でした。

・・・釣座を構えようと隣でイカ釣りをしていたご夫婦に挨拶をすると、3週間ほど前、アオリイカの写真を撮らせていただいたご夫婦でした。この日も泊りがけでの釣行の様でした。

相変わらず堤防先端は満員だったのですが、釣果は全員で2匹との事。イカと違って魚は渋いようです。釣れる時は入れ食い、釣れない時はボウズ、日によって極端なムラガあるようです。(色んな理由をあげましたが、私の釣果はイサキの子どもだけでした)

20170530_084219 (800x366)

特に自慢できるようなネタが無かったので、堤防をパノラマ撮影してきました。私の釣座は、船のポールの左側です。

20170530_090810 (350x197)

堤防際に餌を落としてみると、小魚がワラワラ寄ってきます。ようやく水温が安定し、夏の海に変わっていくところなのでしょう。季節は移り変わりますが、私の浮きはいつ気持ちよく沈むでしょうか?

・・・そういえば、釣行日の翌日、今後の釣果を見込んで?クーラーボックスを新調してしまいました。次回からの釣行で使いたいと思います。

店舗案内STORE LIST