プレサージュ(PRESAGE)の紹介と自動巻式の巻き上げについて【週刊釣行報告(トイプーと遊ぶの巻)】

2018.05.17

静岡県富士市にありますジュエリー・ウォッチ・ブライダルのヤマトヤ富士店のKリハラです。

「オープン10周年感謝祭」で盛り上がっている富士店から、またまた長文でのご案内?です!

PRESAGE Mechanical Prestage-Line

SARX051(トノーケース・琺瑯文字盤)

120,000円+税

PRESAGE Mechanical Prestage-Line

SARX057(チタンケース&ブレス)

130,000円+税

PRESAGE Mechanical Basic-Line

SARY073

45,000円+税

「SARX051」「SARX05」は、パワーリザーブ約50時間。「SARY073」は、約41時間です。

先日、ブログの下書きをしていると、店長からしばしば「顔が小さい」といじられている富士店新人スタッフのKワイが、裏蓋がガラスの自動巻モデルを手にしながら、「Kリハラさん!ローターの回転の勢いが、向きによって全然違うんですけどッ!!!」と興奮した面持ちで近寄ってきました。私が冷静に、そのメーカーのクロノグラフは片巻きなので、片方の回転は空回りということと、三針のモデルは両巻き(どちらにローターが回転してもゼンマイを巻き上げることができる)と説明すると、間髪入れずに、「両巻き?えっ?なんで、どっちに回転してもゼンマイを巻けるんですかッッ???」と更なる質問攻めにあいました。

確かにその通り!どちらに回してもネギが締まる・・・みたいな事なので疑問に思って当然でしょう。

約2年ほど前、自動巻き式のゼンマイ巻上方式について書いた記憶がありますが、もう1度書いてみたいと思います。

自動巻式のゼンマイの巻き上げですが、片巻きよりも両巻きの方が無駄なくゼンマイを巻き上げることができる…ということは納得できると思います。ではどうやって両巻きを可能にしているのでしょうか?

簡単に言ってしまえば、ゼンマイを巻き上げることができる方向に回転を切り替える仕組みがあるという事です。基本的な機構は以下の2つ!

* 切り替え車式

両方向に回転するローターの回転をローターの下に取り付けられた二つの切り替え車によって一方向に変換し、ゼンマイを巻き上げる機構。

(部品数が多くなり、ムーブメントの厚みが増す)

* マジックレバー式

切り替えに歯車を用いず、一方の先端に引き爪、もう一方に押し爪がついた二股のレバーで、巻き上げの伝達車を挟み、レバーによる切り替え動作でローターからの力を一方向にし、香箱に伝わる力をコントロールするという仕組み

(切り替え車式よりシンプルな構造で部品数も少なく、故障しにくい)

マジックレバー式は文章のみでは分かりにくいので、以前掲載した図を再度載せます↓

そして、何を隠そうマジックレバー式はセイコーが開発した機構です。冒頭で紹介したプレサージュは全モデルこのマジックレバー式を採用しています。プレサージュは裏蓋がガラスになっていて装飾が施されたムーブメントを見ることができるようになっています。残念ながら、マジックレバーは他の部品の陰に隠れてしまっています。

4万円台前半からラインナップされたプレサージュは、機械式時計のファーストウォッチとしてとてもお勧めです。

余談ですが…、GRAND SEIKO9Sメカニカルは切り替え車式を、9Rスプリングドライブはマジックレバー式を採用しています。

 


週刊釣行報告?

久し振りの釣行報告です。GW後の釣行を楽しみにしていたのですが、休みの度に雨天と重なっていたため今月初めての釣行です。ようやく今月初めに作った新作浮きを使えます。

雨と重なった休日の度に何かしらこしらえていたので、浮きが2つと、絡まり防止のため小細工を施した天秤を持っての釣行です。

駐車場で荷物の準備をしていると、ほぼ毎回の釣行でお会いする方が「潮が川みたいに早くって全然ダメだってよ!」と、釣り始める前からマイナス情報を耳にしました。釣座まで歩いていく途中、堤防奥で釣りをしていた方たちが戻ってきました。この方たちも知り合いだったので聞いてみると・・・「潮が速すぎて全然ダメ」とのこと・・・ダメもとで釣座を構え、準備を整え終わり早速第一投をしてみると、ビックリするほどの潮の流れ!仕掛けが着水して浮きが安定するまでの間に、仕掛けを回収しなければいけない位置まで流されてしまいます。

流れが変わるまで釣りが出来ないので、堤防をウロチョロしていました。すると、昨年犬の写真を掲載させてもらったご夫婦がまた犬を連れて準備をしていました。また遊ばせてもらおうお願いしたところ快諾していただき、さらに写真の掲載もOK頂きました。

トイプー×2

2匹ともちょっと湿らせた服を着て暑さ対策万全です。どっちもとても人懐っこくしつこくワシャワシャしてやりました。

ブログに載っけると聞いたお二人は、行儀の良い所を見せようと頑張ってくださったのですが

犬たちは「なになに?何して遊ぶの?」と言わんばかりで大興奮!

自由すぎる2匹です。ウロチョロしすぎて抱きかかえられ、後ろ足がジタバタしているのがとっても可愛かったです。

(左の写真の左上にその足が写っています)

最後に「おやつに夢中」

また堤防でお会いしたら遊ばせて下さいm(__)m

潮の為、釣果が無かったので、こんなこともやって来ましたテーマは「インスタ映え」です↓。

店舗案内STORE LIST