プロトレックフェア開催中の御殿場本店ですが、全然関係ない?報告です。

2018.07.29

台風接近の前日、「この日に行かないと来週になってしまう来週は雨かもしれない」という理由で釣行してきました。嵐が近寄って来る時の釣果は期待できないことが多いのですが、大潮に期待をして出かけました。腕には愛用のプロトレックを着けて!(右上に月、齢画面下は1時間ごとのタイドグラフが表示されるモデルです。)

昨年私は「休日=雨」が続き沢山の釣果を得ることは出来ませんでしたが、昨年の今頃はシイラ祭り真っ只中!(写真は、たまたま釣行できた日に偶然釣れたシイラ!)

釣中カゴ釣りの仕掛けにシイラが掛かってしまうと大騒ぎになるので、シイラの回遊が始まった時のためルアーロッド&ルアーも堤防に持ち込みました。

コマセの解凍も終わり準備は完璧!第一投目から浮きがピクピク動くので魚がいることは確信できました。第二投目を済ませ浮きを見ていると、完全に浮きが沈みました。合わせを入れて巻き上げてみると掛かっていたのは10㎝に満たない真鯛・・・針を飲み込んでいなかったのでリリースしました。

・・・遊んでいると、堤防への上り下りやエサの付け直しがつらくなってきました。そう…、持病?の腰痛が悪化しているにも拘らず釣行していたのです。

我慢して続けることは出来るものの無理はやめて切り上げることしました。

広げた道具を片付けて車に戻ると、また後ろから呼ばれました「にゃ~」と…。いつもの黒猫です。

餌付けして仲良くなろうと持ち歩いていたささ身のおやつをあげました。

食べ終わるとすり寄ってきたので、しつこく撫でまわしてやりました。頭マッサージと背骨の横マッサージがお気に入りのようです。

マッサージに満足したのか、お腹を見せてじゃれついてきたのでしばらく遊びました。来週はカツオのおやつを上げようと思います。

今年はシイラ祭りがあるのかないのか・・・台風のあとどう海が変わるのか・・・シイラ(回遊魚)の季節が終わってしまったとしても、その時はカワハギの枚数釣りに挑戦します。

冒頭で掲載したプロトレックはすでに型落ちしてしまっています。プロトレックフェア開催中の本店から、Kリハラも持っている釣りで使えるプロトレックを1つ紹介します。

MULTI FIELD LINE 「PRW-7000」

このモデルは活動領域を海に広げるため防水性能を20気圧防水にアップし、タイドグラフ・月齢表示機能を搭載し・・・さらに1日の内で釣りに適した時間を、月齢と月の位置(時角)の相互関係から表示するフィッシングタイムという機能がついています。

もちろん、プロトレックの三種の神器?「高度計測」「気圧/温度計測」「自動水平補正機能付き方位計測」のセンサーは健在です。

店頭には、新製品の「PRW-60」「マナスル」を含め、店頭品を充実させて皆様のご来店をお待ちしております。

店舗案内STORE LIST