俄(NIWAKA)のホワイトゴールドにはプラチナが含まれています(贅沢~~!!)

2018.05.19

皆さま、こんにちは!ヤマトヤ本部の青嶋 純佳です。

 

「ホワイトゴールドにはメッキがかかっていると聞きますが、これ(結婚指輪)もそうですか?」とおたずね頂くことがありました。

 

実は、18金、14金、10金と品位(金の含有率のことです)を問わず、ホワイトゴールドにはロジウムという貴金属でもってメッキがかけられていることがほとんどです。メッキをかけて金を白くしているわけではなく、メッキをかけなくても十分に”ホワイト”ゴールドになっているのですが、まだゴールドの黄色い感じが残っているのでお化粧をほどこすべく、”ロジウムメッキ”というさらなるひと手間をかけて美しく見せます。

 

ところが、ファッションジュエリーと違って、結婚指輪は毎日着けるお品。ホワイトゴールドにメッキをかけないブランドも出てきました。

 

メッキをかけない理由は、長年使っていくうちにメッキが剥離(はくり)してくるのを避けるため、です。

 

 

美しく、質の高い結婚指輪を生み出す人気ブランド俄(NIWAKA)の場合は、K18(18金)のホワイトゴールドに、白い輝きが魅力のプラチナを10%配合することにより、メッキをかけずとも白く輝くホワイトゴールドを作ることに成功しています。俄(NIWAKA)のホワイトゴールドは「プラチナゴールド」と呼ばれています。

 

これは、たいへん贅沢な素材です。ホワイトゴールドの割り金として、わざわざプラチナを採用しているんです。俄(NIWAKA)がプラチナゴールドで製造を始めたあと、国内のブライダルメーカーが追随してホワイトゴールドにプラチナを混ぜ始めるところも出てきました。

 

俄(NIWAKA)のホワイトゴールドは「プラチナゴールド」という大変贅沢なホワイトゴールド!世界中、どこへ行っても堂々としていただけるお品です(#^^#)

 

俄の指輪は、ほんとに美しい形をしています~!ご結婚される方はもちろんのこと、ジュエリーファンの方も是非、俄(NIWAKA)の指輪を一度はご覧になってみてください!結婚指輪というジャンルでここまで造形の美を追求しているブランドはそうそうありませんから

 

店舗案内STORE LIST