真珠のお手入れ方法~特にネックレスをお使いになるときの留意点

2018.05.05

皆さま、こんにちは!ヤマトヤ本部の青嶋 純佳です。

 

毎日、ぽかぽか陽気の続く御殿場です。だんだんと紫外線も強くなってきて、お肌のことが気になる方(女性に多いかな?)は紫外線対策を万全にするシーズンの到来ですね!

 

さて!宝石に「紫外線対策が必要」と言えば、まっさきに真珠が挙がってきます。真珠は紫外線が苦手。ずっと紫外線にさらされてしまうと、退色といって、本来持っていた美しい色が段々と褪せてきます。

(だから、春夏に真珠のネックレスを長時間着けるのはあまりおススメではありません~)

 

また、紫外線以外に真珠が苦手なのが・・・・・油分や化学物質。私たち人間が持つ皮脂、ヘアスプレーなどの化学物質、うっかり飛ばしてしまったビネガー等(例えが極端!?)。真珠層が変質してしまい、テリ(光沢感)が失われる要因となります。

 

《ヤマトヤでは真珠の養殖業者さんのところへ直接言って真珠の生珠を仕入れています!全国でもとてもめずらしい試みです~!》

 

真珠は、ダイアモンドやルビー、サファイヤなどの鉱石と違って、貝の中で育まれた有機質の宝石。きちんとお手入れをしないままですと、変質してしまいます(表面のツヤが失われたり、真珠の色が変わってしまったり(退色))

 

でも、適切にご使用いただき、日々のお手入れをしていただければ、真珠本来の色と耀きを長いあいだ楽しむことができますので、ぜひ下記の事項をご参照くださいね!

 

【真珠のお手入れの方法&ご使用上の留意点】

真珠のてりクロス(税込価格:700円)。洗っても、てりクロスの効果は持続します ^^)

 

1.パール専用のクロス(※①)で拭く

これが、真珠のお手入れの基本です。 ひと珠ずつ揉みこむように拭き、真珠の表面についた汗や皮脂を拭き取ります。汗や皮脂をそのままにしておきますと、真珠の表層が変質して、色が変わったり、輝きが失われたりします。
(※お使いになるたびに拭いてからしまっていただのが理想です)

 

2.化学物質(化粧品類・ヘアスプレー等)、酸性物質(ドレッシング、レモン汁等)などが付着しないように使用する
これも「1」と同様で、真珠の表層を変質させてしまうおそれがあります。メイクアップが終わった後、そしてヘアスタイルをセットし終わった後に、パールジュエリーを身に着けるようにしてください。

 

3.紫外線に長時間当てない、汗や皮脂を避ける着け方を工夫する
紫外線と汗。これは、真珠が嫌がるものの代表的なもの。紫外線&汗といえば・・・・・、季節は春夏であることが多いのですが、この時期の冠婚葬祭時は、パールジュエリーを会場近くで身に着ける、などの工夫をして、なるべく紫外線にあてず、汗や皮脂を避けるように着けると良いかもしれませんね。
一日中着けっぱなしにするよりも、パールジュエリーへのダメージは少なくなるはずです。

 

ヤマトヤでは、パールのお手入れにお使いいただける専用のクロスを販売しております。「今、使っているクロスが古くなったぁ」という方、ぜひヤマトヤ御殿場本店、ヤマトヤ裾野店、ヤマトヤ富士店へご相談くださいませ♪

 

パールのお手入れは、アコヤ真珠、シロチョウ真珠、黒蝶真珠、淡水パール・・・・。真珠の種類を問わず、共通しています。お手入れのやり方で迷ったり、わからないことがありましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

 

ヤマトヤ御殿場本店

住所:御殿場市東田中1‐18‐18

電話:0550‐82‐0090

 

ヤマトヤ裾野店

住所:裾野市佐野1601‐1

電話:055‐993‐3706

店舗案内STORE LIST