2018年8月3日の“ 釣 果 報 告 ”

2018.08.05

久し振りに3連休をいただいた中日、快晴の予報の中釣行してきました。いつもの堤防です。

学生が夏休みに入り多少の混雑を覚悟していたのですが、到着してみるとハイシーズンとは思えないほど空いていました。

*数週間前撮影した堤防のパノラマ画像です。

ちょうどルアーをやっていた方たちが荷物を片付け始めたので 富士山方向に遠投できる特等席に入ることができました。釣れる釣れないにかかわらず気持ちよく釣りが楽しめる場所です。

釣を始めてわかりました。人が少ない理由は、耐え難い炎天下とシイラ等の回遊がないからのようです。周りの人たちはほとんど県外の方でサビキ釣りやチョイ投げを楽しんでいます。

私としては、糸絡みの心配が一切ないので色んな方向に気を使うことなく投げることができました。富士山に向かって遠投し、浮きの動きに集中しているとピクピク動くことはあるものの沈み込むことはありませんでした。

ちょっと飽きてしまい猫と遊ぶため釣座を外しました。

お腹を空かせていたようで、私の姿を見るや否や近寄ってきたので、ポケットに忍ばせてあったささ身のおやつをあげました。食べ終わると恒例のワシャワシャタイムです。しつこいほど撫でまわして、毛づくろいを始めると満足の合図です。毛まみれになったズボンを掃い釣座に戻りました。

・・・浮きをぼーっと見ていると大きく浮きが反応しました。再び浮きが沈み込むと今度は完全に沈み込み戻ってきません。針掛したようです。竿を煽って合わせを入れ巻き上げを始めました。シイラが掛かってしまっても一気に巻き上げられるようにと用意してきた5号竿が見事にしなりました。久し振りの感覚です。

回遊魚が掛かったに違いないと思い左右に走られないように一気に巻き上げようとしたのですが思っていた以上に抵抗します。それも左右に向かってではなく、底に向かってです。回遊魚ではないようです。途中でクンックンッと独特の引きを感じました。もしかして・・・

それにしても引きが強く竿のしなりが大きいので網なしでは引き抜けそうもありません。釣れはしないと高をくくっていたため網は車の中・・・こういう時は周りに頼るしかありません。周りを見渡すといつの間にか人が集まってきていました。そのうちの数人が網を持ってきてくれていました。なんて有り難いことでしょう。

5mほどのところで魚影が見えました。赤い魚影が!間違いなく真鯛です。周りの方の厚意に甘え網を入れてもらって引きあげると・・・

40㎝upの真鯛!超久し振り!

なんと!その後も30㎝の真鯛が上がりました。贅沢すぎる釣果です。

この写真は失敗( 一一)大きさが伝わりませんm(__)m

 

本店で釣りの話をしていた時、「なんか良いのが釣れたら持ってきますよ!」「人にあげるのが勿体ないくらい大きくても、もってきますよ!」とこんな話をしていました。約束を果たしましょう!LINE等で知らせることなく持っていくことにしました。

朝、クーラーボックスを持っている私の姿を見た店長が笑っていました。

「明日休みだから頂くよっ」と言った店長ですが、

上手く捌けずに塩焼きにしてしまわないことを祈ります。

店舗案内STORE LIST