BALL WATCH

「あらゆる過酷な環境のもとで、正確に時を告げる」
1891年の創業以来のこの精神は、現在にも受け継がれています。

アメリカ鉄道産業の発達と同時に誕生したボール ウオッチ。
過酷な労働環境下においても、安全で視認性の優れた時計を製作してきました。

現在はスイスにて、過酷な環境下で活動するプロフェッショナルの使用に耐えうる
丈夫で信頼性の高い時計の開発と供給に力を注いでいます。

BALL WATCH おすすめポイント

他社にはない、個性的なテクノロジーが詰まった時計です。
四六時中自ら光り続け、暗所でも抜群の視認性を確保する「マイクロ・ガスライト」
りゅうずに衝撃が直接加わるのを防ぐガード機構「セーフティロック・クラウンシステム」
をはじめとする、視認性、耐衝撃性、耐磁、防水性といった、
タフな時計に求められる要素を、独自の技術で解決し、
過酷な環境下で活動するプロフェッショナルから指示を得ています。

スポーティなデザインのモデルのほか、
かつての鉄道時計の流れを汲む、クラシックなラインも充実しています。

BALL WATCHの歴史

その時計の歴史は、1891年に始まります。

アメリカ・オハイオ州の湖岸鉄道で発生した、列車衝突事故。
その検査責任者として、ウェブスター・クレイ・ボールが抜擢されました。

彼は、オハイオ州のクリーブランドという街で宝石商を営んでいましたが、
1883年、ワシントンD.C.の天文台から送られてくる標準時の時報をクリーブランドで初めて利用した宝飾店で、クリーブランドに正確な標準時を導入した立役者でした。

大惨事となった列車衝突事故の原因は、
機関士の時計が偶然4分間止まっていた事が原因でした。
二度とこのような大惨事を招かないようにするため、
鉄道会社はボール氏に公式鉄道時計の基準を定めることを依頼。

ボール氏は、時計としての精度はもちろん、
鉄道員の労働環境に耐えうる耐衝撃性能や、視認性の基準、
年二回の定期検査など、非常に多岐にわたる厳格な基準を定め、
それはやがて全米の75パーセントで適用される、アメリカ鉄道時計のスタンダードとなりました。


彼は自らも鉄道時計の製造販売を行う会社を設立し、
そのビジネスは成功を収めました。
以来、過酷な状況下で作業を行う人々に、
安全で視認性に優れ、丈夫で信頼性の高い時計を提供してきました。

その精神は現在にも受け継がれ、
以下のブランドメッセージにそれを感じ取ることができます。


1891年以来、あらゆる過酷な環境でも正確な時を告げる
Since 1891, accuracy under adverse conditions.

BALL WATCH は、富士店にてご覧頂けます。

取り扱い店舗

ブランドホームページ:https://www.ballwatch.com/global/jp/home.html