BALL WATCH

「あらゆる過酷な環境のもとで、正確に時を告げる」
1891年の創業以来のこの精神は、現在にも受け継がれています。

アメリカ鉄道産業の発達と同時に誕生したボール ウオッチ。
過酷な労働環境下においても、安全で視認性の優れた時計を製作してきました。

現在はスイスにて、過酷な環境下で活動するプロフェッショナルの使用に耐えうる
丈夫で信頼性の高い時計の開発と供給に力を注いでいます。

BALL WATCH おすすめポイント

他社にはない、個性的なテクノロジーが詰まった時計です。
四六時中自ら光り続け、暗所でも抜群の視認性を確保する「マイクロ・ガスライト」
りゅうずに衝撃が直接加わるのを防ぐガード機構「セーフティロック・クラウンシステム」
をはじめとする、視認性、耐衝撃性、耐磁、防水性といった、
タフな時計に求められる要素を、独自の技術で解決し、
過酷な環境下で活動するプロフェッショナルから指示を得ています。

スポーティなデザインのモデルのほか、
かつての鉄道時計の流れを汲む、クラシックなラインも充実しています。

BALL WATCHの歴史

その時計の歴史は、1891年に始まります。

アメリカ・オハイオ州の湖岸鉄道で発生した、列車衝突事故。
その検査責任者として、ウェブスター・クレイ・ボールが抜擢されました。

彼は、オハイオ州のクリーブランドという街で宝石商を営んでいましたが、
1883年、ワシントンD.C.の天文台から送られてくる標準時の時報をクリーブランドで初めて利用した宝飾店で、クリーブランドに正確な標準時を導入した立役者でした。

大惨事となった列車衝突事故の原因は、
機関士の時計が偶然4分間止まっていた事が原因でした。
二度とこのような大惨事を招かないようにするため、
鉄道会社はボール氏に公式鉄道時計の基準を定めることを依頼。

ボール氏は、時計としての精度はもちろん、
鉄道員の労働環境に耐えうる耐衝撃性能や、視認性の基準、
年二回の定期検査など、非常に多岐にわたる厳格な基準を定め、
それはやがて全米の75パーセントで適用される、アメリカ鉄道時計のスタンダードとなりました。


彼は自らも鉄道時計の製造販売を行う会社を設立し、
そのビジネスは成功を収めました。
以来、過酷な状況下で作業を行う人々に、
安全で視認性に優れ、丈夫で信頼性の高い時計を提供してきました。

その精神は現在にも受け継がれ、
以下のブランドメッセージにそれを感じ取ることができます。


1891年以来、あらゆる過酷な環境でも正確な時を告げる
Since 1891, accuracy under adverse conditions.

ロードマスター マリンGMT DG3030B-S1CJ-BK 世界限定1000本

 国内では未展開だった「ロードマスター」シリーズが日本に上陸。19 世紀末、アメリカの鉄道に高精度な時計の検査システムをもたらしたボール ウォッチは、現在ラインナップするシリーズに「エンジニア(機関士)」や「ストークマン(機関助手)」といった鉄道由来のネーミングを与えていますが、今回発売される「ロードマスター」は“保線夫”という意味を持ち、線路の敷設や保守・点検を行う者を指しています。

 27個の自発光マイクロ・ガスライト、さらにベゼルにはスーパールミノバ夜光が用いられ、暗所で時計を見るのが楽しみになるモデルです。セラミックトップベゼル、ブレスレットと一体化したようなケースデザインと、新しさが詰まったデザインも魅力。機能面での特徴は、GMT機能。8時位置ボタンで1時間戻り、10時位置ボタンで1時間進む独自の機構を搭載しています。また、2色で昼夜が分けられた回転ベゼルによって第3時間帯まで表示可能に。軽量なチタン製ケースなので、重さも抑えられています。

限定モデル: 世界限定 1000本
機械式(自動巻 スイスCOSC認定クロノメーター)
価格: 319,000円(税込)

エンジニア ハイドロカーボン オリジナル DM2118B-S1CJ-BK

2004年に初登場したフラッグシップ・シリーズ「エンジニア ハイドロカーボン」は、先進的な技術やデザインを採用してハイレベルな耐衝撃性・耐磁性・防水性・視認性を実現してきました。今回リリースする「エンジニアハイドロカーボン オリジナル」は、シリーズの15周年を記念して2019年に誕生したアニバーサリーモデルです。

まず注目なのが、2層式になっている文字盤です。下層に自発光マイクロ・ガスライトを組み込んで、上層はインデックス部に穴をあけ、サンドイッチのように重ねています。これによって文字盤上のマイクロ・ガスライトの形状が自由になり、本作のようにドットやトライアングルのインデックスが可能になりました。

また、ボール ウォッチのオリジナル機能を満載している点も見逃せません。衝撃耐性を高める特許技術「スプリングロック耐震システム」「スプリングシール耐震システム」を搭載。ヒゲゼンマイや時計の遅れ進みを微調整する緩急針を衝撃から守り、高い精度を継続させます。ムーブメントを保護する「アモータイザー衝撃吸収リング」や、リューズをガードする「セーフティロック・クラウンシステム」を搭載。さらに、ダイバーズウォッチ基準の 200m 防水、80,000A/mの耐磁性も実現しています。

ムーブメントは、COSC 認定クロノメーターの高精度な自動巻。、高機能かつユニークなボール ウォッチ・テクノロジーの数々を詰め込んだ、スペシャルなタイムピースです。

機械式(自動巻 スイスCOSC認定クロノメーター)
価格: 280,000円+税

エンジニア ハイドロカーボン NEDU DC3026A-S2CJ-BK

【世界初】ヘリウムバルブがリューズに組み込まれた革新機構搭載 アメリカ海軍潜水実験隊(NEDU)に正式採用された、プロフェッショナル・ダイバーズウォッチ

「アメリカ海軍潜水実験隊(The US Navy Experimental Diving Unit)」とは、アメリカ海軍の部隊の名称で、アメリカ軍隊における潜水任務及び減圧潜水の技術向上と確立をその責務としています。このモデルがNEDU にとって最適なダイバーズウォッチとして正式採用されたのは、ダイバーの、それも1秒が生死を分けるような重要性をもつプロフェッショナルダイバーが実際に使用することを想定し製作されたものだからです。

人間工学に基づく片方向回転ベゼルは、ダイビンググローブを着用していても容易に操作できるよう設計されています。また美しい漆黒のセラミックにより、腐食やスクラッチ、紫外線にも耐性を発揮。さらに視認性を高めるために、インデックスのサイズアップのみならず、セラミックの上にスーパールミノバ夜光を重ね、高級感のある上質な輝きを放ちます。この技術を採用しているのは、腕時計ではボール ウォッチが世界初です。

17.3ミリ厚、42ミリ径の重厚なケースに組み込まれた設計により、600メートルの防水防水を確保しています。これまでにない、世界初の画期的なテクノロジーとして、潜水時にケース内部と外部の気圧差をなくすヘリウムバルブがリューズに組み込まれています。特許を取得したこの構造によって、水圧への耐性が高まり、防水性能向上につながっています。リューズ自体には直接衝撃が加わらないよう、セーフティロック・クラウンシステムが採用されています。搭載ムーブメントはスイス COSC 認定クロノメーターを取得、過酷な環境の下で正確に時を告げる腕時計となっています。

機械式(自動巻 スイスCOSC認定クロノメーター)
価格: 440,000円(税込)

エンジニア ハイドロカーボン サブマリン ウォーフェア ブルーPVD DM2276A-S3CJ-BK

“潜水艦戦”を意味する「サブマリン ウォーフェア」の名の通り、余裕の300m防水やミューメタル製インナーケースを使った80,000A/mの高耐磁性、リューズのねじ込み忘れを防ぐと同時に7,500Gsの耐衝撃テストに耐える「セーフティロック・クラウンシステム」、スイス COSC 認定クロノメーターなど、プロユースに耐えるハイパフォーマンスを実現しています。

ベゼルには、ダイバーズウォッチに相応しい、海を彷彿とさせる“青”を蒸着法の1種であるPVDで表現。表面硬度の向上と同時に、フェルメールの作品に出てくるような美しい色相を生み出しました。ベゼルは逆回転防止式になっており、最大60分間まで計れるダイビングスケール付きです。小傷に対する耐久性も備えています。

機械式(自動巻 スイスCOSC認定クロノメーター)
価格:291,500円(税込)

エンジニア ハイドロカーボン エアロGMT II DG2018C-S3CJ-BK

世界最高輝度を誇る回転ベゼルを装備し、同時に 3 カ国の時刻を表示する GMT 機能付きのアヴィエーション・ウォッチ。

ステンレススティール製の回転ベゼル基部に、新たに開発した薄くてフラット形状のマイクロ・ガスライトを 24 時間マーカーのアラビア数字の下に固定し、ベゼル・トップには耐傷性に優れたサファイアガラスを採用。強度と対擦過性を確保するとともに、世界最高輝度の回転ベゼルに仕立て上げました。

組み合わされる GMT 副時針の先端にも、従来通りマイクロ・ガスライトを備えているため、両者の発光タイムラグは皆無で、暗闇で瞬時に第 2 時間帯時刻を確認できる究極の視認性を実現。また、回転ベゼルだけでなく、針や文字盤外周のインデックスにも畜光や電池を一切必要としない自発光マイクロ・ ガスライト※1)を計 43 個搭載。従来の夜光塗料の 70 倍もの輝度を誇り、10 年以上にわたって発光が持続。暗闇での圧倒的な視認性を確保します。

通常の時分針、そして任意に設定できる GMT 副時針を文字盤内周及び回転ベゼルの 24 時間マーカーを組み合わせることで、同時に 3 ヵ国の時刻を表示可能。航空管制官やパイロットには必須の機能で、ビジネスシーンでも便利な機能です。

搭載ムーブメントはスイス COSC 認定クロノメーターを取得し、高い精度を誇ります。

機械式(自動巻 スイスCOSC認定クロノメーター)
価格:374,000円(税込)

トレインマスター スタンダードタイム NM3888D-L1CJ-WH

鉄道時計の黎明を彷彿させる正統派クラシカルウォッチ
ブランドのルーツの系譜を受け継ぐ、「トレインマスター スタンダードタイム」

19 世紀の鉄道時計からインスパイアされた「トレインマスター スタンダードタイム」は、トレンドに左右されない、伝統と歴史を感じさせるレトロなルックスが魅力です。

<ボール ウォッチ>の創設者、ウェブスター・クレイ・ボールは、鉄道事故の調査に関わったことをきっかけに、アメリカ全土で導入された鉄道時計としての規格を制定しました。その時代のシンプルで信頼性の高いメカニカルウォッチをアップデートし、19世紀の鉄道時計を彷彿させるヴィンテージスタイルと、最先端の時計製造技術が融合した1本です。ステンレススティールケースとクロコダイルストラップのコンビネーションは、ラグジュアリーな雰囲気を漂わせます。

機械式(自動巻 スイスCOSC認定クロノメーター)
価格:288,200円(税込)

トレインマスター クリーブランド エクスプレス NM1058D-LCJ-SL

鉄道時計のエッセンスを最大限に表現したクロノメーター
「トレインマスター クリーブランド・エクスプレス」

1930 年ごろに生産された卓上時計にインスピレーションを得たデザイン。モデル名の「クリーブランド・エクスプレス」とは、 アメリカ鉄道の最盛期であった 1900 年代に、最も活気のある都市ニューヨークとボール・ウォッチ本社があったオハイオ州クリーブランドをつなぐ、ニューヨークセントラル鉄道上の特急を指します。

わずかにカーブした文字盤には、光り輝く太陽光線の模様が配され、どの角度からも光が反射しない加工が施されています。そのシンプルな文字盤が
完璧なプラットフォームとなり、金属の数字を鮮やかに浮かび上がらせます。ベルトには高級クロコダイル・レザーのストラップ(またはステンレススチール・ブレスレット)を使用。ボール・ウォッチの鉄道時計のエッセンスを最大限に表現した時計です。

スイス・クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)認定の自動巻きムーブメントを使用。文字盤外周の時目盛には、ボール・ウォッチの特徴である自発光マイクロ・ガスライトも使用。暗所の視認性も確保されています。

機械式(自動巻 スイスCOSC認定クロノメーター)
価格:254,100円(税込)

BALL WATCH は、富士店にてご覧頂けます。

取り扱い店舗

ブランドホームページ:https://www.ballwatch.com/global/jp/home.html